Topics

越生うちわ新作入荷

 

 

越生うちわの新作が入荷しました。

 

江戸時代から生産が行われていた
埼玉県越生(おごせ)町の「越生うちわ」。

明治10年頃は、生産本数42万本、ピークの明治末期では
240万本にも達する一大産地でした。


現在は1件のみ生産を続けている工房で、
職人が地元で生育する竹の伐り出しから、最終工程までを行っています。

 

一文字団扇といい、肩骨がまっすぐと、
柄に対し直交していますので、強い風が起こせます。
鰻屋、焼き鳥屋さん御用達の強度があり、
実用性の高い団扇です。

 

 

房州うちわの力強くも柔らかい風と
越生うちわのしっかりとした強い風。
今年の夏は、お好みのうちわを見つけてみてはいかがですか?

 

■TOKYO UCHIWA