Topics

在本彌生 新作ハンカチ

フォトグラファー・在本彌生さんの新作のハンカチが4年ぶりに登場です。
美しく奇妙、クールで暖かい魅力的な被写体を求め、
世界を飛び回り続けている在本さんならではの作品。

 

ハンカチとして、お守りとして、しのばせておきたい風景を
今回は4点選ばせていただきました。


pink as roses///
初夏、その古い小さな町は薔薇の花で埋め尽くされる。
小径を歩くほどに野生の薔薇の香りが降り注ぐのだから、
全く、うっとりしてしまう。
65cm square,cotton 100%,3000yen+tax

 

blue & white///
サイゴンのある人の部屋で香っていた白い百合。
さりげないさし方が自然で心地よかった。
65cm square,cotton 100%,3000yen+tax

 

have a cup of tea///
町にたった一軒しかない店に入る。
「ここで一杯飲むならお茶にしよう」
赤いギンガムチェックのテーブルクロスを見てそう思った。
52cm square,cotton 100%,2000yen+tax

 

The place l liked///
乗るはずだった飛行機が欠航、
当てがわれたホテルのベッドが可愛いらしくて救われた。
52cm square,cotton 100%,2000yen+tax

 

___

 

 

52cm角、65cm角の大判サイズのハンカチは、
スカーフとしてもお使いいただけます。

折り畳んだときにあらわれる、一期一会の表情はまるで旅のよう。
計画的でいて、どこかハプニングを待っている…
奥深く、より豊かにその表情を感じるのは在本さんの写真だからこそ。
あきることなく楽しんでいただけます。

母の日の贈り物にもぜひ。



在本彌生(YAYOI ARIMOTO)
東京生まれ。外資系航空会社で乗務員として勤務、乗客の勧めで写真と出会う。以降、時間と場所を問わず驚きと発見のビジョンを表現出来る写真の世界に夢中になる。美しく奇妙、クールで暖かい魅力的な被写体を求め、世界を飛び回り続けている。